FC2ブログ

漆器の選び方 家庭用品品質表示法

漆器を選ぶ場合、何よりの判断は自分の好みかどうか、

ご自分が好きかどうかが、一番左右する事だと思います。


これは何にでも当てはまる事だと思います。絵画、自動車、インテリア、アクセサリー、洋服・・・

そしてこれには価格も材料も作り方も左右されない個人の感性で選ばれるものなので、”これっ!”と

なったら、それ以外はなくなります。

でも、後悔や同じ失敗を繰り返さない為には、知る事も大切です。



皆さんが一番漆器を目にする場所での漆器選びについて、お伝えしようと思います。

デパートなどでの『家庭用品品質表示法』についてです。


”漆器”が、量販店等で販売されている場合、『家庭用品品質表示法』がついています。

これは”購入に際し品質を識別することが著しく困難であり、かつ、その品質を識別することが特に必要であると

認められるものであって政令で定めるもの”に則し、漆器にもあてはまります。


家庭用品品質表示法では、次の3点が製品の事を説明しています。

参考として、それぞれ書きこんでみました。
品名:漆器
表面塗装の種類:漆塗装
素地の種類:天然木加工品

この製品に対してどんな印象を持ちますか?


『表面塗装の種類』と言う事は、下地や中塗が漆ではない場合も意味しています。

また『素地の種類』の例として、天然木加工品としましたが、これは木乾の事で、木粉を樹脂や薬品などにより固

めたものです。

さて肝心の『品名』ですが、”漆器”と表示できるものは漆液に以下に記した材の使用が許可されています。


着色剤(鉄、顔料等)、乾性油(亜麻仁油、荏油等)、天然の補助剤(ロジン、コーパル等の天然樹脂)、揮発性有機

溶剤、硬化剤(漆の10%以内の使用量)



これらの何が使われているか、どのように作られたか等の詳細については、

お店の人に聞いても判る事の方が少ないようです。


内容は次のようになります。

顔料とは、漆の色を左右する顔料で、鉄、弁柄、銀朱、チタン、ローダミン等です。

乾性油は、植物油で漆塗りの艶を上げる目的と粘度調整に使用します。

補助剤は、粘性を持たせたり、漆硬化を早め、硬化力を高める為に使用されるものです。

揮発性有機溶剤の代表的なものはテレピン油、ショウノウ、灯油等で、漆液の粘度を調整する為のものです。

硬化剤は、漆硬化を早め、硬化力を高める為に使用されるものです。



この中には、漆塗りの器をつくる為には必要不可欠なものもあり、

また使用しなくても良いものもたくさんあります。

何よりも、手塗りなのかどうかをこの表記では確認できません。



5,000円前後の漆器を2度、3年以内に購入するはめ(器がだめになって)になるとすると、

2回分の価格前後で、1点の作家による”堅牢”で美しい塗りの優品を購入する事ができると言う事を念頭に

おいてください。

デパートでも、このような作り手がわかる漆器を置き始めています。

その際は、修理や塗り直しができるかも必ず確認してくださいね。



家庭用品品質表示法とは言え、悩ましい記載が多いので、面倒でもお店の方に必ず聞く事が大切です。

そして次回の購入に役立ててください。


知ると言う事は、より良いお買物につながる事に加え、

知ると言う事を通して、優品を購入し、使用する事によって感性を高める事につながるからです。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

漆 美術 ときどき猫

Author:漆 美術 ときどき猫
ネットショップ terradiart 店長 田代のブログです!

日本の美しい手仕事
terradiart

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR