FC2ブログ

『草木染め用 助剤 豆汁(ごじる)のつくり方』と『木綿布の下処理の仕方』

『草木染め用 助剤 豆汁(ごじる)のつくり方』
『木綿布の下処理の仕方』
 おまけ付き

草木染めをする前に、木綿などの植物繊維の布には、たんぱく質を繊維に付着させて、色素が定着しやすくさせる環境を人工的につくらなければなりません。

これを助剤と言い、その代表的なものが、大豆でつくる豆汁(ごじる)です。

さらに色素の定着を助け、その発色を決定させる為には、媒染剤(酢酸、ミョウバンなど)の処理が必要です。

ここでは、木綿を草木染めする為の下準備となる、「豆汁のつくり方」と「下処理の仕方」を紹介させていただいています。


豆汁のつくり方
用意するもの
 大豆300g
 水2L前後
 ボール
 ザル
 ブレンダー(ジューサーミキサー)
 サラシ(手ぬぐい、目の粗い大判のハンカチなど)
 ヘラ又はおたま

目安 大豆300g 水2L前後で、木綿1kg前後の豆汁下処理ができます。

おまけ 豆汁を絞った豆かすは、生おからです。食用として利用する事ができます。
利用する場合は、豆かすの衛生面に気を付けて扱ってくださいね。

草木染め 豆汁 ごじる 1 (c) terradiart
大豆300gを使用します。
写真の分量で300g弱くらいあります。


草木染め 豆汁 ごじる 2 (c) terradiart
大豆を最初に水洗いしてから使用します。
洗った大豆をボールに入れ、水の量は常に大豆が充分に浸っている程度にします。
水を吸い込んで大きくなりますので、状況によって水を足してください。
一晩から一昼夜、水に浸して柔らかくします。


草木染め 豆汁 ごじる 3 (c) terradiart
大豆をザルにあけて、浸していた水と分離します。この水も使うので棄てないでください。
水は浸していた水の他に1.5Lから2Lを使用します。

ザルにあけた大豆を少しづつ小分けにしてブレンダーに入れ、浸していた水の他に1.5Lから2Lの水を少しづつ使いながら、ブレンダーで滑らかにします。


草木染め 豆汁 ごじる 4 (c) terradiart
この位の滑らかさです。ジャガイモスープよりもちょっと粗いくらいです。
ボールにザルを入れ、そのザルにサラシを敷きます。
そこへ中身を入れます。
サラシは、水で濡らしてから使用すると楽です。


草木染め 豆汁 ごじる 5 (c) terradiart
サラシを使って豆かすと豆汁を分離している所です。
豆かすをヘラやオタマを使って裏ごしするように濾します。


草木染め 豆汁 ごじる 6 (c) terradiart
濾した豆汁を別容器に移した様子です。
以上のようにしながら、ブレンダーで数回に分けて作業を行い、濾した豆汁を集めます。


草木染め 豆汁 ごじる 7 (c) terradiart
300gの大豆分の豆カスを別容器に集めた様子です。
これは後で、おまけに使います。


豆汁による木綿布の下処理の仕方
参考会津木綿1反 重さ約650gを使用しました
布は油分や汚れを取り除いてあるものを使用してください。(事前に良く洗って乾燥させておく)
ウールや絹を使って草木染めを行う場合は、この処理は必要ありません。

用意するもの
 木綿布または植物性繊維の布
 5L以上入る容器

豆汁用を入れる容器について
 5L以上の容器が無いので、ゴミ箱を利用しています。
 ゴミ箱に未使用のゴミ袋を入れ、その中に豆汁をいれて使用しました。


草木染め 豆汁 ごじる 8 (c) terradiart
大きい容器に豆汁を入れ、乾いたままの布をそこに浸します。
豆汁が布によく浸透するように手で布を押し洗いするようにしたり、
反転させたりしながら、なじませます。
その後30分程放置します。


草木染め 豆汁 ごじる 9 (c) terradiart
布を固絞りして取り出します。


草木染め 豆汁 ごじる 10 (c) terradiart
豆汁成分ができるだけ布の中で移動しないようにして、布を干します。
最低1回は布の干し位置を移動させて、乾燥させてください。
写真は室内干しをしていますが、外干し(陰干し)、室内干しは問いません。

一晩おいて乾燥させたら、もう一度、同じ作業を繰り返してください。


布が乾燥しても、すぐに草木染めに使用しないで、乾燥した風通しの良い場所で最低数日間は保管しておいてください。
こうする事によって、豆汁が布に一層定着します。

経験談
 ・牛乳でこの作業を行った事がありますが、良く乾燥しても布に匂いがついてつらいものがあります。
 ・ヨーグルトのホエーで行った事があります。匂いはありましたが、良く乾燥すると匂いが気にならなくなりました。染め上がりも悪くありませんでしたが、調達できる量に限りがあるので、ごく少量の布の場合のみ向いています。
 ・豆乳ではまだ試した事がありません。参考にしている書籍では、豆汁に比べると効力が落ちるとされていますが、ネットのブログを拝見した所、草木染めを楽しんでいる方の中には豆乳を使用している方も多くいらっしゃいます。今度、試してみたいと思っています。


おまけ
ここからは、豆汁つくりで出た、”豆かす=生おから”の利用法です


生おから 1 (c) terradiart
量にして、生おから1/3程は、ドーナツに利用します。
残り2/3は、おからをつくります。


生おから 2 (c) terradiart
どちらの場合も、生おからには水分が多いので、電子レンジを使って水分をとばしながら下調理します。
(水分をとばす=水分を蒸発させる)
これを怠ると、水分が多すぎる為に上手くいきませんので、必ず行ってくださいね。

平らな皿に、油紙を敷いて、その上に生おからを広げます。
そのままの状態で、電子レンジで3分程、チンしてください。


おから 3 (c) terradiart
チンしたら、おからが熱いうちに混ぜて、水分をとばしてください。
使用する分を数回に分けて、行ってください。
終わったら、冷めるまでおいて、さらに水分をとばします。


おから 4 (c) terradiart
後は、おからをつくる時の要領で、お好みの具を入れてつくってくださいね。


おから入りドーナツ 5 (c) terradiart
ドーナツは、パンケーキミックスを利用すると便利です。
全体のおから1/3に対して、パンケーキミックス2袋(150gx2袋)を
使用してつくりましたので、参考にしてください。

他に卵1.5個、バター、砂糖、香料を使用しました。

おからの水分、卵の水分もあるので、牛乳を入れる必要はありませんでした。

大きい袋に温かいうちにドーナツを入れ、そこに黒砂糖やシナモンを好みの量入れて、良く袋をふり、そのまま保存するとドーナツになじみ楽です。

次回はもっとドーナツの中のおからの比率を高くしたいので、電子レンジでもう少しおからの水分を飛ばしてから使用してみたいと思っています。


この他にもおからは冷凍保存もできるようですし、「ためしてガッテン おから」で検索すると、美味しそうなおからレシピが紹介されています。


このページの内容は、経験を重ねる事に書き足しや改定を行う場合があります。


ネットショップへ戻る場合は↓をクリックしてください。
日本の美しい手仕事 terradiart
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

漆 美術 ときどき猫

Author:漆 美術 ときどき猫
ネットショップ terradiart 店長 田代のブログです!

日本の美しい手仕事
terradiart

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR