FC2ブログ

新生姜 シソ酢漬け

『新生姜 シソ酢漬け』

新生姜 シソ酢漬け つくり方8 terradiart

6月に『シソ酢』をつくりましたが、減り具合はいかがですか?
参照:『シソ酢』←クリック

今回は、この時のシソ酢を使って季節の野菜、新生姜を漬けてみましょう。
味は、甘さを抑えた酸っぱさ程々の塩味ベースです。


生姜は体を温めてくれます。
暑い日が続いて冷たいものばかり食べたり、暑いが故に、体が汗をかいて勝手に冷えてくれたりと、案外体が冷えている事もあります。

生姜で体の芯を温めてください。


新生姜でも柔らかい芽だけの細長い新生姜を近所で探したのですが、残念ながら都合の良いものが無かったので、それよりも育った新生姜を使いました。

もし、細長い新生姜をみつけられたら、そちらをお試しください。
より、上品な感じで柔らかに仕上ります。


『用意するもの』

新生姜 1パック

みりん または 日本酒 ティースプーン1から2程
砂糖 ティースプーン1
シソ酢 または お酢 新生姜を漬け込む時にほぼ全体が浸る量
砂糖はガリのように甘くしたい場合、多めに入れてください。


『つくり方』
新生姜 シソ酢漬け つくり方1 terradiart
この写真程度が、新生姜の季節にスーパーで売られている1パックの量です。
私の近所のスーパーの場合ですが・・・


新生姜 シソ酢漬け つくり方2 terradiart
皮は剥かず、良く洗って写真のように大まかに切ってください。


新生姜 シソ酢漬け つくり方3 terradiart
手にたっぷりと塩を取り、新生姜片に摺り込むようにまぶしてください。
多めにお使いください。
この時の塩が、出来あがりの時に反映されます。


新生姜 シソ酢漬け つくり方4 terradiart
それぞれに塩をまぶし終わったら、ビニールの袋にそのまま入れて、冷蔵庫で2日寝かせてください。


塩漬けした新生姜を熱湯で茹でます。
中型鍋に水を入れ、グツグツと沸騰したら、塩漬けにした生姜をそのまま湯がきます。
今回は大きい新生姜ですので2分茹でてください。
細長い芽の新生姜をお使いの場合は1分茹でてください。

ザルに開け、お湯切りをしながら、そのままにしておいてください。


次に浸けるお酢の用意をします。

茹でた新生姜が充分入る程度のタッパーに、シソ酢または酢を入れます。
みりんまたは日本酒をティースプーン1から2入れてください。
砂糖をティースプーン1入れてください。
砂糖はお好みで、甘くしたい時は多めにどうぞ。
スプーンで、良くかき混ぜてください。


新生姜 シソ酢漬け つくり方5 terradiart
ザルにあけた新生姜が、シソ酢の準備をしているうちに程良く冷めた事と思います。
まだ温かいうちに、準備したシソ酢に入れてください。

味は冷めながら浸み込む事と、ある程度の温かい新生姜の熱によって、酢がマイルドになります。


新生姜 シソ酢漬け つくり方6 terradiart
ラップで落とし蓋をして、タッパーの蓋をします。
常温で冷めたら冷蔵庫に入れて、3日程寝かせます。


新生姜 シソ酢漬け つくり方7 terradiart
3日後には、全体にシソ酢が行き渡る事でしょう。


お好みの厚さにスライスしてお召し上がりください。
3週間程は冷蔵庫で日持ちします。大抵その前に食べ上げてしまいますけれど・・・



新生姜 シソ酢漬け 9
細い新生姜でもつくってみました。
細長い新生姜は谷中生姜として都内では9月に入ると見かけらます。この時期になると価格もとってもお手頃になります。
1回目の酢に少しシソ酢だけを補充して浸けました。味が一層マイルドになってとても美味しく仕上りました。



食べ終わったあとのシソ酢は、捨てないで利用してください。
但し、悪くなっているようでしたらお止めくださいね。
 ↓


『利用法』
・ミョウガのシソ酢
ミョウガも8月から秋にかけて旬の食材です。
まったく同じ要領で、ミョウガのシソ酢漬けをつくる事ができます。
ミョウガは塩揉みをした後、縦半分に切ってください。
漬けるシソ酢の酸味が弱い場合は、シソ酢を付け足して使用してください。

・大根のピクルス
大根をスティック状に切り、軽く塩をまぶして、シソ酢で浅漬けにする。

ミョウガも大根も水分が多い食物です。シソ酢も水分で薄まり、痛みやすくなりますのでお気を付け下さい。

・なます
大根とにんじんを千切りにして、軽く塩もみをしてから、シソ酢であえる。

・もやしサラダのドレッシング
もやしを茹でて冷まし、ドレッシング代わりにかける。

・ながいものサラダのドレッシング
ながいもを短冊に切って、大葉の千切りとあわせ、ドレッシング代わりにかける。

などです。

私は、すし酢代わりにご飯にまぶして、お稲荷さんをつくる予定です。




ネットショップへ戻る場合は↓をクリックしてください。
日本の美しい手仕事 terradiart
スポンサーサイト



ご飯のおとも 『油みそ』 食欲が無い時にぴったり

油みそ

食欲が無い夏にぴったりの、ご飯のおとも『油みそ』の作り方をご紹介します。

油みそ 油味噌 作り方1 terradiart

夏の暑い日が続くと、ご飯を食べるのがつらくなってきますが、油みそを箸休めに加えると、不思議とご飯がすすみます。

今回は、シンプルな油みそに夏野菜のシシトウを加えたものをご紹介します。
シシトウは、ビタミンCが豊富な野菜です。また夏になると価格的にもお安くなるのでおすすめです。


用意する材料
・シシトウ
  2パック程(過多は問いません。お任せの量でおつくりください)
・味噌
  合わせ味噌またはダシ入りの合わせ味噌など シシトウと同じくらいの見た目の量が目安ですが、過多は問いません。
・植物クッキングオイル
  シシトウ炒め用 テーブルスプーン1から2
  油みそ用 テーブルスプーン5前後
・砂糖
  テーブルスプーン5前後
・水
・酒またはミリン
  テーブルスプーン1 無くてもかまいません。
・だし
  ダシ入り味噌でない場合は、お好みで入れてください 無くてもかまいません。
味噌の量が多ければその分、当然ですがしょっぱくなります。塩分を控えたい方は、少なめに。
クッキングオイルですが、オイルも一緒に食しますのでサラダドレッシング向けのオイルをおすすめします。量を控えたい方は少なめに。
砂糖は糖分を控えたい方は少なめに。但し、多めかな?と思う位の方が、美味しくできます。
水は、味噌と調味料が混ざり易くする事と、クッキングオイルと味噌の乳化の為に使います。乳化の作業が終わったら、水を熱で飛ばします。


作り方
油みそ 油味噌 作り方2 terradiart
シシトウを洗って、水切りを行い、ヘタ部分から切り落とします。


油みそ 油味噌 作り方3 terradiart
シシトウのタネを取り除きます。
写真のようにまな板の上で少しだけ指先に力を入れて転がすと剥がれてきますので、降り落としてください。


油みそ 油味噌 作り方4 terradiart
輪切りにします。
幅はお任せしますが、油みそを後に田楽などに使うようにするには細い方が向いています。
写真は1~2ミリ程度です。


油みそ 油味噌 作り方5 terradiart
フライパンに植物油(適量 テーブルスプーン1から2)入れて良く炒めてください。
炒め終わったら、器に移しておきます。これで具の下調理は終わりです。
フライパンは洗う必要がありませんので、油みその準備に進んでください。


油みそ 油味噌 作り方7 terradiart
油みその準備をします。フライパンを火にかけていない状態で、次のものを入れてください。
・味噌を入れてください。味噌の量は炒め上がったシシトウの目かさと同じ量程。塩分を控えたい方は、少なめに。
・植物クッキングオイル テーブルスプーン5前後が目安ですが、お好みの量で加減して下さい。
・ダシの素 ダシ入り味噌で無い場合は、お好みで入れてください。
・酒またはミリン少々 お好みで入れてください。
・水100cc前後(テーブルスプーン15前後) 乳化を目的とします。


油みそ 油味噌 作り方8 terradiart
フライパンを弱火にかけ、良く混ぜてください。
温まってきたら、砂糖テーブルスプーン5前後を入れ、撹拌を続けてください。
私の場合は、ヨーグルト用の砂糖で代用しています。


油みそ 油味噌 作り方9 terradiart
撹拌を続けると、フツフツと煮立ってきます。1分前後撹拌を続け水分を飛ばしてください。


油みそ 油味噌 作り方10 terradiart
既に油で炒めておいたシシトウを入れ、中火でさらに撹拌を続けてください。
フツフツと煮立ってきたら1分前後撹拌を続けて、馴染ませたら完成です。


油みそ 油味噌 作り方1 terradiart
冷えたら、保存容器に移し替え、冷蔵庫で保管してください。
今回はシシトウを具として加えましたが、具なしのシンプルなものでも良いですし、シソの葉、ピーナッツ、青豆、挽肉、豚肉などを具としても美味しくできます。

食される時は、必要分を器に取り分ける事により、冷蔵庫保管で1週間程は持ちますが、できるだけ早めにお召し上がりください。
塩分の取り過ぎにはご注意くださいね


油みその応用方法
・豆腐、こんにゃく、ナスの田楽
・冷しゃぶとあわせる
・焼きおにぎり 
・野菜スティック、温野菜など






ネットショップへ戻る場合は↓をクリックしてください。
日本の美しい手仕事 terradiart

シソエキスの酢 作り方 甘くない保存の効くシソ酢です

シソ酢の作り方 シソエキスの甘くないお酢 長期保存

シソ酢 甘くないそのままのお酢に
シソエキスが溶け出したお酢
の作り方です


梅干しを作る時のシソ葉の下準備法を活用したシソ酢の作り方です。
甘くないお酢で、保存が効くシソ酢です。

今年の夏は、汗をたくさんかく事になりそうです。そんな時の水分補給にぴったりなアミノ酸飲料になります。
お水で薄めても、シソの香りが楽しめるドリンクとなり、とてもすっきりできます。

そのままのお酢なので、冷蔵庫だと軽く1年は保存できます。
作っておけば使いたい時に、使いたい分だけ使用できるので、シソの季節につくっておくと便利です。

他にも使い方色々で、ドレッシングや、大根千切りの塩もみに入れたりすると、とってもきれいです。

作り方

・用意するもの
 シソ葉 スーパー等で販売しているもの一袋分 (適量・お好みの量でかまいません)
 お酢一瓶 お好みの種類のお酢と量のもの
 塩 (適量・お好みの量でかまいません)
 ロート 出来たらステンレス製 または 樹脂質のもの
 不織布系のお茶パック袋 または ペーパータオル 1枚から2枚(濾す時に使用します)
 ラーメンどんぶり または 匹敵するサイズのもの
 お玉 出来たらステンレス製 または 樹脂質のもの
 ラップ
 
シソ酢作り方-1
私は、リンゴ酢を使用しています。
一瓶、新しものをご購入ください。

シソ酢作り方-2
写真は、不織布のお茶を濾したり、ダシ用に使う袋です。
濾過する時にロートと一緒に使います。
ロートと相性が良いので、濾過が必要な時はこれをもっぱら活用しています。

シソ酢作り方-3
シソ葉だけを枝から外して、水洗いをして水切りをする
 *塩もみをするので、シソ葉は塗れている状態の方が楽です。

ラーメンサイズの器にシソ一握り程いれて、塩を振り、葉を良く揉む
2回目以降に入れるシソ葉は出てきた汁に付けながら入れると塩の量を抑える事ができます。
 *ここで使う塩はシソ葉に残ります。あまり塩を入れ過ぎると、塩辛いお酢が出来る事になります。
 *私の場合は、塩分を抑えたいので全体で小スプーンにすり切りで1/4程しか使用しません。

シソ酢作り方-4
出てきた液は、シソのアクで、濃い茶褐色をしています。

シソ酢作り方-5
シソ葉がシナシナの柔らかい状態になっても、良く揉んでください。
アク出しの為です。
 *アク出しを良くしておかないと発色が良くなりません。

揉み終えたら、一握りづつ固く絞ってください。
アクは捨てます。

 *お好みにより、固く絞ったシソ葉を器に入れ、ほんの僅かに真水を差して、塩少々を入れて同じ作業をくりかえすとさらに明るい色のシソ酢ができます。私の場合は1回で終わりです。

シソ酢作り方-6
固絞りをしたシソ葉を包丁で5ミリ間隔程に切ります。

シソ酢作り方-7
細かく、エキスが出やすいように切ってください。

シソ酢作り方-8
大きめの器に刻んだシソ葉を入れて、市販のお酢1本分を入れます。
シソ葉が浸るようにして、ラップを掛けて冷蔵庫で2日から4日程保管します。
*シソ葉を浸す日数は、お好み次第です。私の場合は2日から3日程です。
*お酢の瓶は再利用します。洗わなくて良いので、そのまま蓋をしっかりして保管しておいてください。
 心配な場合は、空瓶を冷蔵庫で保管してください。

お酢はどのような種類でもかまわないと思います。(黒酢は試した事がありませんが・・・)
私の場合はりんご酢を使っています。
リンゴとシソが混ざった時の風味を想像する等を例として、お酢を選ぶ際の参考にしてみてください。

シソ酢作り方-11
2日もするとすっかりシソの色が出てきています。
酢である事と、切り刻んでいるので、2日から3日の浸し日数でも充分かと思われます。

シソ酢作り方-12
手を良く洗い、アルコール消毒するか、使い捨ての手袋をして、器からあらかたのシソ葉を固く絞りながら引上げます。

シソ酢作り方-19
ざっと手ですくって固く絞ったシソの葉です。
これには他の用途もあるので、後でご紹介します。

シソ酢作り方-13

シソ酢作り方-14
不織布のお茶用袋です。二つに折ります。折り目の和の部分を確認しておいてください。
端から丸めて行きます。

シソ酢作り方-15
丸めた袋の和の部分を下に向けて、ロートに差し込み栓をします。
ロートを保管していたお酢の瓶に差し込みます。
*お酢の瓶は、保管状態がよければ、煮沸しなくて済みます。

シソ酢作り方-16
濾過を行いながらお酢の瓶に入れて行きます。
*お玉やロートはアルミ質のものは避けた方が良いでしょう。

シソ酢作り方-17
濾過終了
最初のお酢の量より、多くなっています。

シソ酢作り方-18
完成です。
冷蔵庫の保管の方が、色褪せたり風味も飛ばずに保管できます。


トウモロコシの皮 四つ目編み組 バスケット
夏の爽やかドリンク
写真右奥のドリンクは、シソ酢に炭酸を加えたものです。
ガムシロップを入れる事により、甘さの加減ができます。
*左のバスケットはトウモロコシの皮のミニバスケットです。
つくり方はこちら クリック→『トウモロコシの皮でつくる 四つ目編み組バスケット』


おまけ
シソ酢作り方-19
酢浸け後のシソの葉の活用法です。

ゆかりを作る事ができます。
作り方
1.固絞をしたシソ葉をさらに細かく包丁で刻み、器へ入れておきます。
2.コーヒーカップに熱湯を30ccから50cc程入れて、塩を大きいスプーン1入て、溶かします。
*塩の量はお好みでどうぞ。塩は完全に溶けなくてもOKですが、良く混ぜてください。
3.器の中のシソ葉にかけて、お箸で良く混ぜ合わせ、ラップをして半日程寝かせます。
4.ザルの上にケバ立ちの少ないペーパータオルを2枚程敷いて、その上にシソ葉を広げ、さらに1枚ペーパータオルをかけます。軽くラップで全体を包み、冷蔵庫で乾燥させませす。
*水分が多いようでしたら、絞ってください。
*空気のきれいな場所であれば、ラップで包まず、日の当たらない場所で陰干ししてください。
5.時々様子を見て、混ぜては広げるを繰り返し乾燥させます。
*乾燥が進むと、塩の白い粉が見えてきます。
6.乾燥したら、容器に入れて冷蔵庫で保管しながら、ご飯にかけるなどして召し上がってください。

ゆかりの他にも残ったシソ葉で、染物ができます。


日本の美しい手仕事 terradiart


プロフィール

漆 美術 ときどき猫

Author:漆 美術 ときどき猫
ネットショップ terradiart 店長 田代のブログです!

日本の美しい手仕事
terradiart

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR